ここに地終わり海始まる下

前表紙
講談社, 1994 - 272 ページ
0 レビュー

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

ここに地終わり海始まる(下) (講談社文庫)の子鹿さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 子鹿 - 読書メーター

志穂子と梶井の関係が予想通りに進みちょっと残念。でも志穂子にとってはスタート地点、これから向き合う数々の波の一つなんだろう。ストレートな表現だった分印象に残ったのが、父親が志穂子に伝えた、佐渡夫婦がある人に言われた言葉(障害のある ... レビュー全文を読む

ここに地終わり海始まる(下) (講談社文庫)のくーたさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - くーた - 読書メーター

志穂子の選択に大半の方は疑問を感じるのではないでしょうか?僕もそう思います。だけど、そう選択した気持ちもわからないではないとも思います。そういった心境を表現するのが小説なんだと改めて思いました。特に著者は「再生」をキーワードに執 ... レビュー全文を読む

目次

セクション 1
273
セクション 2
275
セクション 3
276

他の 12 セクションは表示されていません

多く使われている語句

書誌情報