さまよえる工藝: 柳宗悦と近代

前表紙
草風館, 2007 - 317 ページ
0 レビュー
純粋美術としての絵画・彫刻より低位におとしめられた陶器、漆器、金工、染織等の諸分野の工藝で活躍した板谷波山、武田五一、浅井忠、神坂雪佳、藤井達吉、津田青楓、富本憲吉、今和次郎、広川松五郎、高村豊周たち、絶望から出発し、近代工藝を模索する彼らの悪戦苦闘の軌跡を検証。また1900(明治33)年のパリ万国博覧会の前後に移入された、工藝図案の再生への出発となるアール・ヌーヴォーの意義を分析。さらに日本近代における唯一といえる体系的な工藝をめぐる柳宗悦の思想が誕生した経緯、その中身と意味を歴史的な文脈のなかで検討する。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

さまよえる工藝―柳宗悦と近代のまいもさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - まいも - 読書メーター

工藝の方向性矛盾。もっとしっかり読み込んで理解したい レビュー全文を読む

目次

セクション 1
27
セクション 2
29
セクション 3
31

他の 9 セクションは表示されていません

多く使われている語句

書誌情報