そして、バトンは渡された

前表紙
文藝春秋, 2018 - 372 ページ
血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報