びんの小鬼: Level 1(1000-word)

前表紙
アイビーシーパブリッシング, 2005 - 67 ページ
船乗りのケアウェは、ある男から奇妙なびんを譲り受けた。小鬼が入ったそのびんは、買った人の願いを何でもかなえてくれる魔法のびんだった。しかし死ぬ前に誰かに買い値より安く売らないと、地獄に落ちてしまうのだ。びんの魔力が欲しいものを入れたケアウェは、すぐさまびんを売り払う。しかし突然の病に冒された彼は、病を治すため再びびんの魔力に頼ろうとするのだった。

レビュー - レビューを書く

びんの小鬼 (洋販ラダーシリーズ)のアクアさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - アクア - 読書メーター

金原さん訳「小瓶の悪魔」で読んでいましたが、時々難しく感じました。あれ、こんなお話だったかな? レビュー全文を読む

書誌情報