ぼくがイグアナだったこと: テネシー・ウィリアムズの七つの作品

前表紙
南雲堂, 2001 - 442 ページ
神の愛と人間の尊厳を問いつづけた放浪の詩人、劇作家テネシー・ウィリアムズの七つの作品を詳細に読み解き、作家の全貌を浮き彫りにする!自由と愛のはざまに引き裂かれたウィリアムズへの鎮魂の書。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報