もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

前表紙
新潮社, 2015/12/01 - 309 ページ
ある日突然、女子マネージャーになった主人公の川島みなみは、都立程久保高校の野球部を「甲子園に連れていく」と決めた。でもいったい、どうやって?世界で一番読まれた経営学書『マネジメント』の理論を頼りに、みなみは野球部を変革して行く。「真摯さ」とは何か、顧客は誰か、組織の成長とは...。ドラッカーの教えを実践し、甲子園出場をめざして奮闘する高校生の青春物語!

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
595
星 4 つ
1247
星 3 つ
965
星 2 つ
293
星 1 つ
93

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのあいらさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - あいら - 読書メーター

マネジメントを知る上では、野球部を例にとってありわかり易かったです。マネジメントも読んでみたいです。 レビュー全文を読む

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのYasuhiroさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Yasuhiro - 読書メーター

今さらですが、読んでみました レビュー全文を読む

レビュー全 9 件 »

他の版 - すべて表示

書誌情報