わたしたちが孤児だったころ

前表紙
早川書房, 2006/03/01 - 537 ページ
上海の租界に暮らしていたクリストファー・バンクスは十歳で孤児となった。貿易会社勤めの父と反アヘン運動に熱心だった美しい母が相次いで謎の失踪を遂げたのだ。ロンドンに帰され寄宿学校に学んだバンクスは、両親の行方を突き止めるために探偵を志す。やがて幾多の難事件を解決し社交界でも名声を得た彼は、戦火にまみれる上海へと舞い戻るが......現代イギリス最高の作家が渾身の力で描く記憶と過去をめぐる至高の冒険譚。

レビュー - レビューを書く

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワ・ノヴェルズ)のゴリさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - ゴリ - 読書メーター

確かだと思っている記憶、はっきりとは覚えていない主人公の記憶に沿って語られる物語。そんな曖昧な雰囲気で進みながら、上海での両親を探す戦争のリアルさが恐ろしく現実味を感じさせる。カズオイシグロの小説は明らかにしないことにより、読むものにリアルな感情を感じさせる。だから読み難いが読むのを止められないんだ。 レビュー全文を読む

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワ・ノヴェルズ)のプチライスさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - プチライス - 読書メーター

「ぼくたちが子供だったころ、世界がどれほどよく見えたってことについてだけど。これは、ある意味ではまったくのナンセンスだよ。大人たちがぼくたちにそう思わせたというだけのことなんだ。子供時代のことにノスタルジックになりすぎてはいけないよ」 一人 ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

著者について (2006)

カズオ・イシグロ

入江 真佐子

書誌情報