われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか: 生物としての人間の歴史

前表紙
早川書房, 2010 - 386 ページ
0 レビュー

レビュー - レビューを書く

われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか (ハヤカワ新書juice)ののんきさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - のんき - 読書メーター

タイトルはゴーギャンの言葉だそうだ。このタイトルの問いに対して、生命科学研究の成果に基づいて答えていこうとする本。ゲノム解析からこんな事が分かってきました、というあたりは、細かいところまでの理解は及ばないながらも面白かった。ただ、一冊の ... レビュー全文を読む

われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか (ハヤカワ新書juice)のHumbabaさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Humbaba - 読書メーター

遺伝子に移管する研究によって,ヒトの起源もすこしずつ明らかになりつつある.それでは,人間の本質とは一体何なのだろうか.また,生物としての人間は,今後何を目指していけばよいのかを考えている. レビュー全文を読む

書誌情報