イースター島の悲劇: 倒された巨像の謎

前表紙
新評論, 2002 - 253 ページ
0 レビュー
「地球上で一番遠い島」と呼ばれているこの絶海の孤島で演じられた悲劇とはどんなものだったのか。島の成立から崩壊に至るミステリアスな歴史が現代社会に問いかけるものは何か。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報