ゲノムハザード

前表紙
小学館, 2011 - 413 ページ
0 レビュー
今から一年前、誰かが私の人生に魔法をかけた―。その晩、左利きのイラストレーター鳥山敏治が帰宅すると、灯りの消えたリビングにはキャンドルの炎が何本も揺れ、そしてかたわらには妻が死体となって横たわっていた。そのとき電話が鳴る。受話器から聞こえてきたのは、まぎれもなく自分の妻の声だった。にわかに信じがたい出来事を機に、鳥山の日常は思わぬところから覆されていく。自分の人生は誰のものなのか?サントリーミステリー大賞読者賞に輝いた傑作が十余年の時を経て文庫化。謎が謎を呼び、人間の記憶の痕跡を鋭く抉る極上のミステリ。

レビュー - レビューを書く

ゲノム・ハザードのちゃこさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - ちゃこ - 読書メーター

映画の予告を見て「面白そう」と思いつつ、「難しそう」とも思いつつ...。 でも専門用語はさらさら飛ばしても問題ないくらいでなかなか読み応えあった。なんか最後「アルジャーノン」みたいかと思ったら、うん...なるほど。それでいいんじゃない?焦らずゆっくりやっていこう。 レビュー全文を読む

ゲノム・ハザードのkishiさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - kishi - 読書メーター

西島秀俊の映画の原作と聞き早速予約。どうも映画とはちょっと違いそうだけどこれはこれでとても面白く読めた。主人公を西島くんに脳内変換して読んだら、いろんなシーンで見たくなり、映画も見たくなった。多分もう上映終わってるだろうからDVD出たらすぐ借りて見よう。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報