ドラッカー名著集7 断絶の時代

前表紙
ダイヤモンド社, 2007/07/12 - 402 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
継続の時代の終焉――20世紀半ば、社会と文明における根源的な変化が起こりつつあった。情報化の進展、グローバル経済の出現、知識社会の到来、多元化、そして政府の無力化。本書で予期された変化は、確かに訪れた。そして今なお、余震は続いている。変化の本質を知らなければ、未来を見誤ってしまうだろう。

レビュー - レビューを書く

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

ドラッカー名著集7 断絶の時代のMitsuhisa Okamoriさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Mitsuhisa Okamori - 読書メーター

「本書は趨勢を予測しない。非連続の断絶を見る。明日を予測しない。今日を見る。「明日はどうなるか」を問わない。「明日のために今日どう取り組むか」を問う」(E) 「新技術は応用科学ではない。現代数学や形態のコンセプトは自然科学でさえない。し ... レビュー全文を読む

ドラッカー名著集7 断絶の時代のたーさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - たー - 読書メーター

40年以上前の著作のはずですが、今読んでも違和感はない。 レビュー全文を読む

書誌情報