ハムレット

前表紙
早稻田大學出版部, 1909 - 302 ページ
176 レビュー

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
50
星 4 つ
54
星 3 つ
63
星 2 つ
8
星 1 つ
1

ハムレット (新潮文庫)のkouさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - kou - 読書メーター

単純に考えればハムレットの復讐、悲劇の物語である。しかしその中には作者であるシェイクスピア自身の女性に対する苦悩も表現されているように思える。女性が「純潔」であることへの憧れや、またそれを他の男(作中では母親を叔父に奪われること)に奪 ... レビュー全文を読む

ハムレット (岩波文庫)のねねみるさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - ねねみる - 読書メーター

己の意思を問うこともせず、ただ神の御心のままに従い生きる人間たちに、はたして価値はあるんだろうか、という19世紀末イギリスの懐疑論を主音にしたzero-sumにあるこの世界のハムレットを、ゼロサムになっていない終幕のテンペストへ導く愛花のシェイクスピアの引 ... レビュー全文を読む

レビュー全 16 件 »

目次

セクション 1
52
セクション 2
56
セクション 3
82

他の 15 セクションは表示されていません

多く使われている語句

書誌情報