ピンク!パール!

前表紙
徳間書店, 2000 - 32 ページ
ぼくはピンク。おとなになって、海にくだったけれど、子孫を残すために、こいびとのパールをつれて、生まれ故郷の川にもどってきた。けれど、あたりのようすはすっかりかわり、水はよごれ、その上、ダムができて、このままじゃ、上流までたどりつけない...。山奥の清流で生まれたヤマメ、ピンクの運命は...!『ヤマメのピンク三部作』の完結編!ブラチスラバ国際絵本原画展金牌受賞作。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報