フーガはユーガ

前表紙
実業之日本社, 2018 - 284 ページ
常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報