プラトニック・セックス

前表紙
小学館, 2000/11/20 - 256 ページ
1 レビュー
私の舌を入れさせて。神さまおねがい。「こんなに愛してる」―伝えたくて彼女は呟く。タレント飯島愛が初めて書き下ろした衝撃の単行本。

レビュー - レビューを書く

LibraryThing Review

ユーザー レビュー  - jason_chaotic - LibraryThing

Born as Matsue Okubo (大久保松恵, Ōkubo Matsue?)[2], she described a troubled early life in her autobiography. She was raped in her early teens, and had an abortion,[4] She ran away from home as a ... レビュー全文を読む

プラトニック・セックス

ユーザー レビュー  - haowei - Booklog

5年振りくらいに読み返してみました。 作者の愛ちゃんは一体どんな人生だったんだろうかと。 ふとした時にテレビの中で笑う彼女を思い出すんです。 愛されているのに 認めてもらえない、 その矛盾を認めることさえも怖くて 葛藤を繰り返していたんでしょう ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報