プラトニック・セックス

前表紙
小学館, 2000/11/20 - 256 ページ
5 レビュー
私の舌を入れさせて。神さまおねがい。「こんなに愛してる」―伝えたくて彼女は呟く。タレント飯島愛が初めて書き下ろした衝撃の単行本。

レビュー - レビューを書く

プラトニック・セックスのKeystoneさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Keystone - 読書メーター

ASKAの事件で、飯島愛さんとの関係がどうこうと言われているらしく、そう言えば昔この本流行ったなあ、と今更ながら読んでみました。全く共感できず、なぜ流行ったのか不思議ですが、当時は売れっ子だったから衝撃的だったのだろうなと思います。遠野 ... レビュー全文を読む

プラトニック・セックスのさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 読書メーター

これを読んで、彼女の言動に感動する事は一切ない。男遊びカラオケ、ブランドバックが欲しいなどなど”遊びたい、金欲しい”という言葉のマシンガン!まともに仕事してる人をなんと心得るか?本当に頭の中空っぽか?北朝鮮にでも送ったろか?と思うくらい ... レビュー全文を読む

レビュー全 5 件 »

他の版 - すべて表示

書誌情報