ベーシック・インカム: 国家は貧困問題を解決できるか

前表紙
中央公論新社, 2015/02/25 - 183 ページ
格差拡大と貧困の深刻化が大きな問題となっている日本。だが、巨額の財政赤字に加え、増税にも年金・医療・介護費の削減にも反対論は根強く、社会保障の拡充は難しい。そもそもお金がない人を助けるには、お金を配ればよいのではないか―この単純明快な発想から生まれたのが、すべての人に基礎的な所得を給付するベーシック・インカムである。国民の生活の安心を守るために何ができるのか、国家の役割を問い直す。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報