マヤ・アステカの神々

前表紙
新紀元社, 2005 - 211 ページ
私たち日本人の感覚からすれば、あまりにも異形なマヤ・アステカの神々。そうした異形の神々が、いかなる風土の中で生まれ、また、人々がそうした神々とどう接してきたのかを明らかにしようとしたのが、本書である。ようこそ、マヤ・アステカの神話と伝承の世界へ。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報