モース理論: 多様体上の解析学とトポロジーとの関連 M.SpivakとR.Wellsによってノートされた講義録に基づく

前表紙
吉岡書店, 2004/11/01 - 212 ページ
0 レビュー
Morse理論は、トポロジー、微分位相幾何学において重要な結果を提供しているだけではなく、大域的微分幾何学における主要な方法として、いまも活発に研究が進められ、その可能性が追求されている。本書は、大域的変分学に関するMarston Morseの理論について、現代の観点に立っての説明を与えるものである。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報