ヨーロッパ文化と日本文化

前表紙
岩波書店, 2012 - 199 ページ
0 レビュー
イエズス会宣教師ルイス・フロイス(一五三二‐九七)は、三十五年間日本での布教に努め、長崎で生涯を終えた。その間、当時の日本の社会を細かく観察し、ヨーロッパ文化と比較・対照して記録した。筆は衣食住、宗教生活、武器武具から演劇・歌謡等々多方面におよぶ。貴重な史料であるだけでなく、現代の我々に様々な問題をよびさまさずにはおかない。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報