リピート

前表紙
文藝春秋, 2007 - 528 ページ
もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて...。あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
72
星 4 つ
193
星 3 つ
206
星 2 つ
55
星 1 つ
9

リピート (文春文庫)のhirokishiさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - hirokishi - 読書メーター

面白い!「イニシエーションラブ」「セカンドラブ」が面白かったので、同じ著者ということだけで読み出した。全く内容、ジャンル知らずに読み出したため、どういう展開になるのか、本当に過去に戻れるのか気になり一気に読める。次々と事件も起こり、「リピート」と ... レビュー全文を読む

リピート (文春文庫)のハチ皇さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - ハチ皇 - 読書メーター

気になったことがあったので再読。この物語の怖いところは、簡単に見殺しにできる狂気。な訳はなく、最後のリピートが成功してしまった事によって風間や池田のR0になったということ。つまりそれはこの物語は終わらず延々と続いてしまうこと。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報