ルリボシカミキリの青

前表紙
文藝春秋, 2010 - 238 ページ
0 レビュー
朽ちかけた木の襞に、ルリボシカミキリがすっとのっていた。嘘だと思えた。しかしその青は息がとまるほど美しかった。しかも見る角度によって青はさざ波のように淡く濃く変化する。それは福岡ハカセがハカセになるまえの、まぎれもないセンス・オブ・ワンダーの瞬間だった。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報