住まいの解剖図鑑: 心地よい住宅を設計する仕組み

前表紙
エクスナレッジ, 2009 - 207 ページ
82 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
住宅設計の現場には、家づくりの先人たちが積み重ねてきた知恵や工夫、心憎いまでの「ふつう」があります。それらのエッセンスを、550点超のイラストと洒脱な文章で分解・抽出した“住宅版・解体新書”。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
19
星 4 つ
41
星 3 つ
18
星 2 つ
3
星 1 つ
1

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

住まいの解剖図鑑

ユーザー レビュー  - 勝手に白熊 - Booklog

戸建て住宅の設計に関して、基本的な考え方を分かりやすく説明してくれる本。 マンションでも参考になる部分はかなりありそう。 住宅自体の機能と、住む人にとっての使い勝手から気持ちまでがフォーカスされている。デザインについてはあまり記載されて ... レビュー全文を読む

住まいの解剖図鑑

ユーザー レビュー  - megumitenno - Booklog

「住まいの定石」が「なぜ、そうなっているのか?」が わかりやすく書かれた本です。 素朴でかわいい絵や、面白い例えは読んでいて楽しかったです。 レビュー全文を読む

書誌情報