傲慢と善良

前表紙
朝日新聞出版, 2019/03/05 - 416 ページ
婚約者・坂庭真実が忽然と姿を消した。その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになる。生きていく痛みと苦しさ。その先にあるはずの幸せ──。2018年本屋大賞『かがみの孤城』の著者が贈る、圧倒的な恋愛小説。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報