僕の妻はエイリアン: 「高機能自閉症」との不思議な結婚生活

前表紙
新潮社, 2008/07/01 - 300 ページ
7 レビュー
しばしば噛み合わなくなってしまう会話。「個性的」を通り越し、周囲の目を忘れたかのような独特の行動。ボキャブラリーも、話題も豊富な僕の妻だが、まるで地球人に化けた異星人のようだ...なぜ?じきに疑問は氷解する。彼女はアスペルガー症候群だった。ちぐはぐになりがちな意識のズレを少しずつ克服する夫婦。その姿を率直に、かつユーモラスに綴った稀有なノンフィクション。

レビュー - レビューを書く

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)のYuji さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Yuji - 読書メーター

結構食い入るように読まされました。 「アスペルガー症候群=高機能自閉症」の症例ですが、 ・外界の音や光に過敏で弱い ・発せられた言葉を字義どうりに解釈する(裏読みをしない) ・自分が他人にどう見られているかに興味を示さない 「これは ... レビュー全文を読む

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)のyamakujiraさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - yamakujira - 読書メーター

高機能自閉症の妻をもつ夫婦の日常をえがく。あとがきで著者の意外な素顔がわかると、さらに深みが増すね。病気はともかく「普通」ってなんだろうと考えさせられる。 (★★★☆☆) レビュー全文を読む

レビュー全 7 件 »

他の版 - すべて表示

書誌情報