光草(ストラリスコ)

前表紙
小峰書店, 1998 - 158 ページ
暗闇のなかで、あたり一面に、何百という細い穂が金色の光を放って輝いていた。「光草だ!」画家は、光を浴びることができない病の少年のために、部屋の壁一面に絵を描きはじめた。画家と少年の心の交流を詩情豊かに描く物語。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報