十字架

前表紙
講談社, 2012 - 395 ページ
いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。吉川英治文学賞受賞作。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
94
星 4 つ
105
星 3 つ
60
星 2 つ
2
星 1 つ
1

十字架 (講談社文庫)

ユーザー レビュー  - nasunonasuo - Booklog

これでもかと言わんばかりにまで救われない設定。自殺した級友に、図らずも親友と遺書で書かれた主人公。ナイフの言葉と十字架の言葉。私たちは重たい荷物を背負っているのではない。重たい荷物と一緒になって歩いているのだ。書かれない苦悩 ... レビュー全文を読む

十字架 (講談社文庫)

ユーザー レビュー  - いちこ - Booklog

「受賞」という言葉に弱いので 移動時間の時間つぶしにチョイス。 男性雑誌記者の最後の言葉にうるっ。とする。 が、 物語の終わり辺りで、何となく流し読み…。 移動疲れのため? 自信の要因多し。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報