南アフリカの衝撃

前表紙
日本経済新聞出版社, 2009 - 206 ページ
アフリカ最大の経済力を擁し、グローバル化が進む南アフリカ共和国。一方では、「犯罪天国」といわれるほど凶悪犯罪が多発し、所得格差が世界最高水準になるなど、グローバリゼーションの危険な側面が露呈している。アパルトヘイト脱却後の知られざる現実を赤裸々に描く。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報