叶えられた祈り

前表紙
新潮社, 2006/08/01 - 298 ページ
0 レビュー
ハイソサエティの退廃的な生活。それをニヒルに眺めながらも、そんな世界にあこがれている作家志望の男娼。この青年こそ著者自身の分身である。また実在人物の内輪話も数多く描かれていたので、社交界の人々を激怒させた。自ら最高傑作と称しながらも、ついに未完に終わったため、残りの原稿がどこかに存在するのでは、という噂も。著者を苦しませ破滅へと追い込んだ問題の遺作。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報