君の話

前表紙
早川書房, 2018/07/25 - 320 ページ

手違いから架空の青春時代の記憶を植えつけられた孤独な青年・天谷千尋は、その夏、実在しないはずの幼馴染・夏凪灯花と出会う。戸惑う千尋に灯花は告げる、「君は……色んなことを忘れてるんだよ」。出会う前から続いていて、始まる前に終わっていた恋の物語。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報