哲学的な何か、あと科学とか

前表紙
二見書房, 2006 - 278 ページ
はっきり言って、哲学はたいへん恐ろしいものである。だが、それは決して「哲学が難しい」とか「聞きかじりの素人には理解できない」とか、そういう話ではない。そうではなく、哲学が恐ろしいのは、それがあまりにも「面白すぎる」ところだ。その面白さは、まさに中毒的である。難解な専門用語を使わない、“痛快テツガク入門”。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報