四畳半神話大系

前表紙
角川書店, 2005 - 290 ページ
私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい! さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
491
星 4 つ
639
星 3 つ
366
星 2 つ
77
星 1 つ
16

四畳半神話大系のまっくろさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - まっくろ - 読書メーター

やっと読んだ!あのとき、別の選択をしていたら…と思うことはあるけれど、結局は同じような未来になっているのかもと思わさせられた。 レビュー全文を読む

四畳半神話大系 (角川文庫)のLUCYさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - LUCY - 読書メーター

予測できそうで予測できない!もどかしい!でもおもしろい! ちょっとした一言や最後のシーンに森見さんのセンスを感じました。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

著者について (2005)

森見 登美彦

書誌情報