地球温暖化対策: 排出権取引の制度設計

前表紙
日本経済新聞社, 2006 - 235 ページ
本書は、京都議定書の目標を守る国内制度設計の新たな提案である。わが国においても議定書の約束を守るために様々な政策が実施され、新たな政策が追加されようとしている。これらの政策を批判的に検討し、環境保全性と経済効率性を満たし、議定書を遵守するためにはどのような制度を設計せねばならないかを追求した結果、達した結論が上流比例還元型排出権取引制度である。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

多く使われている語句

書誌情報