「子供を殺してください」という親たち

前表紙
新潮社, 2015 - 288 ページ
0 レビュー
自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には、万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘...。究極の育児・教育の失敗ともいえる事例から見えてくることを分析し、その対策を検討する。現代人必読、衝撃のノンフィクション。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報