巨大ウイルスと第4のドメイン: 生命進化論のパラダイムシフト

前表紙
講談社, 2015 - 221 ページ
次々と発見される巨大ウイルスは、サイズが大きいだけでなく、多彩な遺伝子を持ち、細胞性生物に近い機能を備えているものもいる。これらの新発見により、「ウイルスは生物ではない」という定義が揺らぎ、巨大ウイルスは未知の生物グループ(ドメイン)ではないかという議論が湧き上がってきた。最先端のウイルス研究が「生物とは何か」をあらためて問い直す。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報