悪霊 ─まんがで読破─, 第 1 巻

前表紙
イースト・プレス, 2008/12/15 - 190 ページ
「組織」のために必要な犠牲だったんだよ!――帝政末期、すべての価値が崩壊しさまざまな思想が氾濫するロシア。虚無と背徳のなかを生き、強烈なカリスマ性を放つニコライを崇拝するピョートルは、反政府組織を作り社会に混乱を招こうと企てるが、組織の印刷技師シャートフの離反をきっかけにおぞましい事件の幕が上がる――。現代の予言者ドストエフスキーが描いた黙示録を漫画化!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報