昼田とハッコウ

前表紙
講談社, 2013/09/27 - 541 ページ
0 レビュー
若者に人気の町・幸福寺にある本屋さん「アロワナ書店」。地域密着型のこの書店で、三代目・ハッコウは名ばかりの店長となった。その頃、ハッコウのいとこの昼田は、六本木ヒルズのIT企業に勤めていた。店内でぶらぶらするだけのハッコウと、店から距離をおいて会社勤めをする昼田だったが、書店の危機に際し、二人でゆっくり立ち上がる。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報