柳屋お藤捕物帳

前表紙
PHP研究所, 2000/10/16 - 298 ページ
0 レビュー
金龍山浅草寺境内の“お箸銀杏”の下、本柳屋という楊枝店で働くお藤は、江戸二大美人に数えられる器量よし。聡明で気立てもやさしいとくれば江戸中の人気者。ところが彼女、真伝鬼倒流の柔術をつかい、六寸の竹楊枝を武器に悪に立ち向かうお侠なレディなのである。このお藤と、顔も躰も真ン丸の“布袋の親分”こと五郎八が次々と起きる怪事件に挑んでゆく。気鋭の時代作家が放つ痛快娘捕物帳。

レビュー - レビューを書く

柳屋お藤捕物帳 (PHP文庫)の松風さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 松風 - 読書メーター

笠森お仙と並び鈴木春信の美人画に描かれた柳屋お藤が難事件を解決する。お仙や春信も登場。つるりと読める。狂言回しの五郎八親分もいい。「柳屋お藤捕物暦」も読みたい。 レビュー全文を読む

書誌情報