毒になる親: 一生苦しむ子供

前表紙
講談社, 2001 - 319 ページ
「毒になる親」に傷つけられた子供の心は、歳を重ねても癒されない。悩む数千人の人々を20年以上にわたってカウンセリングしてきた著者が、具体的な方法をアドバイスする“現実の希望”にみちた名著。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
50
星 4 つ
37
星 3 つ
24
星 2 つ
5
星 1 つ
3

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

ユーザー レビュー  - あいこ - Booklog

本書で言う「毒になる親」とは 「神様」のような親 義務を果たさない親 コントロールばかりする親 アルコール中毒の親 残酷な言葉で傷つける親 暴力を振るう親 性的な行為をする親 そして何も言わないもう片方の親 もしくは親がそうなるのはあなたのせ ... レビュー全文を読む

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

ユーザー レビュー  - sooh - Booklog

この本は、本当に衝撃的だった。 この本を読むまで「親を大切にしろ」「親が言っていることは正しい」という格言めいたことが当たり前だと思っていたけど、決してそうとは言い切れないのだなあ、と思った。 私の周りにも「毒になる親」に苦しめられている人が ... レビュー全文を読む

書誌情報