百万遍古都恋情, 第 1 巻

前表紙
新潮社, 2009/06/01 - 576 ページ
あてもなく京都にたどり着いた惟朔。流れ者の巣窟・京大西寮を仮の宿りとしての、気ままな生活が始まった。個性的な青年たちと友情を結びながら、少年は、さまざまな女と運命を絡ませてゆく―。夜這いで遭遇した小百合、瞬間で心を奪った鏡子、熟した芳香をはなつ毬江。惟朔と女たちは互いに求め合い、交わり続ける。性という狂熱に果てはあるのか。永遠のテーマに挑む傑作長編。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報