皆保険を守る医療改革を: 世界の医療制度を概観して

前表紙
篠原出版新社, 2002 - 298 ページ
広瀬輝夫氏は、世界的に著明な心臓外科医である。その広瀬氏が、自らの目で世界の医療現場を視察し、その実体験を元に日本の医療が今後選択すべき道を提言した渾身の力作である。「アメリカの医療制度をそのまま導入する事は、日本の皆保険制度を破壊に導く可能性があり、日本の医療制度に近いEU、殊にドイツの医療制度に学ぶ点が多い」との指摘は、実に説得力がある。「聖域なき構造改革」が声高に叫ばれる中、医療制度改革論議に一石を投じる警世の書である。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報