神風特攻の記録

前表紙
光人社, 2001 - 247 ページ
その日、関行男大尉を指揮官とする敷島隊は六機だった!三時間前に突入した菊水隊でなく、敷島隊が特攻第一号とされた経緯。朝日隊磯川一飛曹の悲劇の周辺等々。主力となった甲飛十期生を中心とする生存当事者たちの証言、第一次資料の徹底検証、米側資料との対照により、客観的に論理的に“カミカゼ”にまつわる誤謬と虚像に光をあて、写真や図版、一目で状況を把握できる表組データ多数とともに、真実を追いもとめた異色ノンフィクション。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報