輪殺の掟

前表紙
廣済堂出版, 2003 - 355 ページ
0 レビュー
地元の淡海会、神戸に本拠を置く日本一の暴力団・野崎組、広域組織・京浜会が三つ巴で縄張りを争う関西の一大歓楽街、雌琴温泉。突如現れた命知らずの男三人―筋骨隆々で荒削りな顔立ちの津場、クールでハンサムな本城、陽気ないいヤツ岩下。いずれも銃とクルマの扱い、殺しのテクニックは超一流、凄腕のワイルド・ウルフだ。彼らは胸に野望をたぎらせ、巨額の利権を牛耳る裏世界のボスどもに猛然と挑みかかり、激烈な死闘を繰り広げる。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報