風の生涯, 第 1 巻

前表紙
新潮社, 2000/10/25 - 382 ページ
0 レビュー
代議士を曾祖父に持ち、「三沢の矢野様」と呼ばれる豪農の家に生まれた重也は、両親の配慮ですぐに里子に出されてしまう。本家と里子先の貧富の差に思い悩んだ幼年期、養母や親友との死別、関東大震災など、幾多の挫折を経て旧制一高、帝大へと進学。文学者を志望した重也は、フランス文学などの翻訳に精力的に取り組む一方、マルクス主義に惹かれて、共産党に入党。革命運動に身を投じるようになり、党の密命を受けて中国へ渡ることになる―。一代にして大コンツェルンを築き上げた男・矢野重也その数奇な運命を描く大河小説。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報