ローマ法王に米を食べさせた男: 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

前表紙
講談社, 2012 - 254 ページ
41 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
CIAの戦略に基づいてメディアを駆使し、ローマ法王にアラン・デュカス、木村秋則にエルメスの書道家、そしてNASAの宇宙飛行士や総理大臣も味方につけて限界集落から脱却させた市役所職員。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
22
星 4 つ
14
星 3 つ
3
星 2 つ
1
星 1 つ
1

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? (講談社+α新書)

ユーザー レビュー  - のり - Booklog

過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか。 (親本は平成24年刊、2015年加筆修正新書化) ・はじめに ・第1章 否定する。−そして限界集落の惨状の本質を見抜く ・第2章 人を動かす。−たった60万円で限界集落から脱却させる ・第3章 伝 ... レビュー全文を読む

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? (講談社+α新書)

ユーザー レビュー  - ぬ - Booklog

少し上から目線に感じましたが、上からの態度で地域を変えることはできないだろうし、されていた行動が真摯なので文体のせいだと思います。 次から次に様々なアイデアを生み出す想像力、「可能性の無視は最大の悪策」と文中でおっしゃられていたよう ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報