Linuxデバイスドライバ

前表紙
オライリー・ジャパン, 1998 - 450 ページ
0 レビュー
Linux環境で周辺機器をサポートしたい方、また新たなハードウェアを開発してそれをLinux環境で使用したい方がデバイスドライバを書くための一冊です。カーネルの中身について詳細に解説するとともに、Linux開発者がデバイスドライバを設計するうえでの選択肢を明らかにします。移植性の問題を考慮しながらキャラクタデバイス、ブロックデバイス、ネットワークインタフェースなどのデバイスドライバを作成するためのノウハウをステップバイステップで実例を挙げながら丁寧に解説していきます。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報