ジョジョの戦略 最後に必ず勝利する方法

前表紙
あさ出版, 2012/12/21 - 223 ページ
0 レビュー

 負けるとわかっていても、戦わなくてはならないときがあるッッッ!! 

⇒ ジョナサン、ジョセフ、承太郎、仗助、ジョルノ、徐倫、ジョニィ・・・・・ 

● どんな相手にも、必ず勝利を収めてきた歴代「ジョジョ」 

● 勝利の秘密は、綿密な計算と卓越した戦略にあった 

● ジョジョから「戦略」を学び、戦いに勝利せよ! 


■ 戦略のない戦いなどノミ同然!! 5つの方法で勝利を手に入れろ! 
1.能力の生かせ 
2.余裕をかませ 
3.敵の裏をかけ 
4.あえて負けろ 
5.一発逆転をねらえ 

人生、ビジネスは、戦略で勝ち抜け!! 

◆担当編集者のコメント 
ジョナサン、ジョセフ、承太郎、仗助、ジョルノ、徐倫、ジョニィ…… 
どんな相手にも、必ず勝利を収めてきた歴代「ジョジョ」。 
勝利の秘密は、緻密な計算と卓越した戦略にあった。 
戦略のない戦いなどノミと同類!! 
ジョジョから「戦略」を学び、 
ビジネスでも人生でも勝利をつかめ! 


■目次 
はじめに 

●第1章 能力を生かす 
・1 勇気 自らの恐怖心を知り、克服する。 
・2 臨機応変 刻々と変化する環境に、自分の能力を適合させていく。 
・3 機転 追い詰められたときにこそとっさの判断が勝利を生む。 
・4 統率力 小さな「個」をかけ合わせて、大きな力を生み出す。 
・5 欠点は力 他人に「劣っている」と見られている点を武器にする。 
・6 克服 自分を磨くことで、弱点は消せる。 
・7 補完 お互いの能力を補い合うことで、勝利への道筋が見える。 
・8 無意識の悪意 自覚のない悪意も時には能力となる。 
・9 追究 何度もトライして、何度も「できない」と思ってこそ、さらなる進化が待っている。 
・10 布石を打つ 追い詰められたときにこそ、勝つための布石を打っておく。 

●第2章 余裕をかます 
・11 洞察 よく観察して深く考え、攻略の糸口を見つける。 
・12 号泣 ピンチのときはとりあえず泣きわめいて、冷静な思考をとり戻す。 
・13 胆力 ギリギリの勝負では、相手を圧倒するほどの度胸を持つ。 
・14 弱みをさらけ出す 相手の油断を引き出すために、あえて弱みを見せる。 
・15 挑発 相手のプライドを刺激して、自分に有利なタイミングに変える。 
・16 準備 地道な努力の積み重ねが、最終的には成功につながる。 
・17 転用 自分の力だけでなく、相手の力をも利用する。 
・18 長所は弱点 相手の強さのなかにこそ弱点がある。 
・19 分析 相手の言葉や動作を細かく分析して、次の行動に生かす。 
・20 謙虚さ 平静を保ち、謙虚に、そして迅速に対処する。 

●第3章 敵の裏をかく 
・21 罠 事実を隠して探りを入れ、本心を暴く。 
・22 逆手にとる 人間の心理をよく知り、それを逆手にとって有利な状況に持ち込む。 
・23 隠ぺい 嘘に嘘を重ねて真実を隠す。 
・24 機先を制する 相手の行動心理を読み、先手を打つ。 
・25 運をつかむ 積み重ねた行動が、幸運を引き寄せる。 
・26 三歩先を読む 敵の予想を読み切り、その上をゆく。 
・27 心の隙 相手が勝利を確信した瞬間の隙をつく。 
・28 相手を動かす 相手の行動を利用して、自分に有利な状況を生み出す。 
・29 迎合 あえて相手の意見に乗ってみる。 
・30 確信 最後まで勝利を疑わない。 

●第4章 あえて負ける 
・31 身を切る 痛みをさらけ出すことで、自分の覚悟を伝える。 
・32 小を捨て、大に就く 個人の成功よりも、全体の成功を選ぶ。 
・33 一時撤退 成功への道が見えないときは、無理に攻めず、いったん引く。 
・34 目的を変える めざすものを変えてみれば、マイナスはプラスに変わる。 
・35 人頼みにする 逃げ道を誰かにつくってもらう。 
・36 敬意 競う相手を尊重すれば、対立関係のなかからでも友情が生まれる。 
・37 プライド 成功を得ること以上に、自分を貫くことが大切なときがある。 
・38 発奮 ガムシャラに動くことが必要なときもある。 
・39 犠牲 自分が敗北することで、チームを勝利へと導く。 
・40 原点回帰 道を間違えたら、最も重要なことに立ち返る。 

●第5章 一発逆転をねらう 
・41 逆転の発想 攻めてもダメなら、相手にとり込まれてみる。 
・42 捨て身 形勢不利でも、自らに残ったすべてを総動員して、勝機をつかむ。 
・43 スクラップ・アンド・ビルド 壊すだけ壊して、そのなかから新たな展開を生み出す。 
・44 意表をつく ギリギリまで決定打を隠す。 
・45 無慈悲 時には、味方も投げ捨てる。 
・46 突撃 逃げ場がないなら真正面から突っ込む。 
・47 最後まで手を尽くす 99%無謀な勝負だとわかっていても攻め続ける。 
・48 勝利への執念 強い責任感と執念が勝利へと導く。 
・49 相討ち 最悪でも相手を道連れにする。 
・50 縁 最後に救ってくれるのは、人とのつながり。 

■著者 富田英太 
エグゼクティブ経営戦略コンサルタント 1978年大阪市生まれ。 
株式会社リクルートに入社後、自社発行の媒体と携帯によるマーケティングシステムを利用し、通信販売業を主とするクライアント企業の売上を改善。 
前年比300%超の実績や社内営業成績1位を獲得。24歳で独立。その後、東証一部上場コンサルティングファームにて、2年間パートナーコンサルタントを務める。 
店舗売上改善、黒字化経営のスペシャリストとして、全クライアント店舗、売上前年比平均187%、100%の売上改善実績を持つ。人気コンサルタントとして、8年間で担当した顧客は2000人を超える。現在は、年間100件の講演も精力的にこなしている。 
プライベートでは、自宅を埋め尽くすほどの漫画本に囲まれて育ってきた「大の漫画好き」。漫画・アニメへの造詣が深く、漫画家をめざしていた時期もある。経営というわかりにくいノウハウを、漫画を通じてわかりやすく解説していく社員教育の講座は、特に若い受講者に人気がある。 
著書に『ジョジョの覚悟 今の自分を超える方法』(あさ出版)などがある。 
 

レビュー - レビューを書く

ジョジョの戦略 最後に必ず勝利する方法のHumbabaさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Humbaba - 読書メーター

まず目的を定め,そしてそれを失わないこと.目的さえ決まっていれば,戦うか引くかの決断はその目的を達するために有益かどうかだけで判断できる.プライドこそが大切な場面では勝てなくてもやらなければいけないし,もっと別の目的を達することが重要であれば,引くことが正解となる. レビュー全文を読む

多く使われている語句

書誌情報