神剣: 人斬り彦斎

前表紙
角川春樹事務所, 2018 - 333 ページ
嘉永三年(一八五〇)、九州肥後の熊本藩、御花畑表御掃除坊主の河上彦斎は師・宮部鼎蔵を訪ね、尊敬する吉田松陰と、生涯にわたり魅かれ合う女性・由依と出会う。彦斎は日本を守るため厳しい剣の修行をし、尊攘派の志士として次々と佐幕派の者たちを喪っていく。しかし彦斎の願いむなしく、明治新政府はこの国を西洋に屈服させてしまうように思えた。抵抗した彦斎は...。尊攘派の志士として激烈な活動を行い、「人斬り彦斎」として恐れられた漢・彦斎の苛烈な人生と志を描く、傑作長篇歴史小説。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報