歴史と政治の間

前表紙
岩波書店, 2006 - 382 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
激動する現代の世界、文明の存在が問われ、外交には深い歴史的思考が要求される。著者は精力的に世界を歩き、日本外交のあり方を提言し、望ましい教育を模索する。かたわらイスラームはじめ古今東西の古典を読み解き、歴史のなかに人間の感情を掬いだす。いま歴史家の使命は重い。寺島実郎、杉山正明、杉田英明、宮尾登美子氏との対談も収録した現代文庫オリジナルの最新歴史エッセイ集。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報