マンガでわかる相対性理論

前表紙
株式会社 オーム社, 2009/06/25 - 192 ページ
時間が伸び、長さが縮む不思議な相対性理論がマンガでわかる! 

 時間が伸び、長さが縮む相対性理論は取っ付きにくいもの。本書は、その不思議さを楽しむことを目指して、その中で比較的数式の扱いが容易な特殊相対性理論を中心に原理をマンガと平易な文章を使って理解させる。すべてにわたって目に見える現象を身近なできごとのマンガで展開していき、数式が必要なものでも現象でわかるように解説している。


★このような方におすすめ高専生や大学付属校の高校生・理学部の学生 相対性理論に興味のある人 物理をもう一度勉強したいと思っている社会人主要目次プロローグ とんでもない終業式 第1章 相対性理論ってどんなもの? 第2章 時間が遅れるってどういうこと? 第3章 速く動くと短くなって重くなる? 第4章 一般相対性理論ってどんなもの? エピローグ
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

第1章相対性理論ってどんなもの?
9
第2章時間が遅れるってどういうこと?
53
第3章速く動くと短くなって重くなる?
85
第4章一般相対性理論ってどんなもの?
117
エピローグ
171
索引
178
著者紹介
180
奥付
181
著作権

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

書誌情報