江戸怪談集伽婢子・狗張子

前表紙
鈴木出版, 2001/07/10 - 246 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
近世怪異小説の傑作。戦国時代を舞台に、乱世に翻弄され、悲運に倒れた人々を哀感を込めて描く。幻想的・浪漫的世界をもつ怪異譚からは、僧侶でもあった浅井了意の仏教弘布への願いが読み取れる。
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

ページのサンプル

多く使われている語句

書誌情報